Jコンセプトウイーク。日本各地の「食文化」を堪能する一週間

  • HOME »
  • 北陸/中部
富山KNB 北日本放送

今が旬!食で楽しむ富山の秋

レポーター:陸田陽子アナウンサー

11/7放送更新

ふるさとの味 いもぼたもち  西田和美さん

ONAIR 予告

南砺市井波の主婦 西田和美さん
KNBラジオの午後の番組「でるラジ」でも、毎週南砺地区の話題を紹介していただいています。
今回は、井波の特産 里芋を使った郷土料理 「いもぼたもち」 をつくってもらいました。

いもぼたもち
うるち米と里いもを混ぜてつくるおはぎ。炊飯器で炊けます。

分量
うるち米・餅米 それぞれ2合
里いも 140g(中5~6個)
塩 大さじ2
あんこ、きなこ、ごま 適量

また、里芋の茎(スイキ)の酢の物 酢ズキ もつくって、甘いもの、すっぱいものと交互にいただきましょう!

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/8放送更新

富山の旬のお魚を お刺身でいただく!

ONAIR 予告

富山駅前のさかな屋さん「さかな屋撰鮮」。店長の山田さんに旬のお魚を聞きました!

富山湾の秋の味覚 フクラギ。成長すればブリになります。
フクラギの新鮮さを見分けるのは、尻尾!
くびれから胴体へとギュッと太くなっているのが新鮮さの証拠だそうです。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/9放送更新

富山の旬のお魚を、焼き魚でいただく!

ONAIR 予告

焼き魚にしておいしいお魚を紹介していただきました。
すっかり有名になった、ノドグロ。
寒い時期においしい真ダラ。
油があっておいしいカマスがおススメ!

ノドグロは油がたくさんでるので、いくつか隠し包丁をいれるといいそうです。
真鱈のオスには白子もあります。昆布で焼いてポン酢でたべるとたまらないおいしさ!
さかな屋撰鮮には焼いてすぐ食べられる飲食コーナーもあり、東京から来られたお客さんは格安のノドグロに大満足して帰っていかれるとか。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/10放送更新

富山の味 昆布ジメ

ONAIR 予告

富山は昆布の消費量が全国トップクラス!
お魚の昆布ジメは富山を代表する郷土料理です。

もっともポピュラーなのは、サス(かじきマグロ)の昆布ジメ。
山菜も昆布でシメちゃいます。

自宅でも簡単につくれます。
昆布を拭く程度に洗い、その上にお刺身を並べます。はさんだりしなくても、朝並べて夕方には昆布ジメができています。
この時期、フクラギの昆布ジメも非常においしいとか。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/11放送更新

富山の冬の煮魚といえば、ブリ大根!

ONAIR 予告

家庭で上手にブリ大根をつくるコツ。
ブリと大根は別々に下ゆで。
ゆでたところをいったん冷まして二度炊き。
こうすると、よく味が入るそうです。

富山湾は「バイ貝」も名物。お刺身よりも小さいものは煮付け用。
お酒のおつまみに最適!

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
石川MRO 北陸放送

奥能登の塩を愛でる1週間

レポーター:坐間 妙子アナウンサー

11/7放送更新

塩汲み3年、塩捲き10年

ONAIR 予告

珠洲市に日本で唯一残された揚げ浜式製塩法で使用される塩浜。
道の駅・奥能登塩田村で、浜士の登谷良一さんに、塩汲み・塩捲きについて教えていただきました。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/8放送更新

塩のめぐみ

ONAIR 予告

揚げ浜式製塩で塩を作る道の駅・奥能登塩田村には、かやぶき屋根の釜屋があります。
この釜で生まれ『道ー1グランプリ』で入賞したご当地グルメとは!?

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/9放送更新

塩づくりを支える女性たち

ONAIR 予告

奥能登塩田村の塩田の横の建物で作業をしている女性たち。
お客さんに安全に塩を食べてもらいたいという思いで働くみなさんに話を聞きました。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/10放送更新

お弁当で塩の魅力を伝える夫婦

ONAIR 予告

道の駅・奥能登塩田村のすぐ近くにある長浜食堂。
塩田村で作られた塩を使っておむすびやお弁当を作るご夫婦の想いを取材しました。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/11放送更新

揚げ浜式製塩のこれから

ONAIR 予告

全国的に注目が集まり、需要に供給が追い付かない奥能登の塩。
今年、新たな道が開けました。揚げ浜式製塩のこれからについて聞きました。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
福井FBC 福井放送

ここに幸あり ~食の國 ふくいのごちそう~

レポーター:阿部真由美アナウンサー

11/7放送更新

福井で生まれて60年 コシヒカリ

ONAIR 予告

作付面積全国一位を誇る米。1956年(昭和31年)に福井県農業試験場で品種開発され、「越(コシ)の国に光(ヒカ)り輝く米」の願いを込めて『コシヒカリ』と名付けられました。コシヒカリの品種登録から今年で60年の節目、改めてコシヒカリのおいしさの魅力に迫ります。
さらに、福井県が2018年産からの本格生産を目指して開発中の「ポストこしひかり」についても紹介します。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/8放送更新

ご飯のお供に 酒の肴に 越廼のへしこ

ONAIR 予告

さばのへしこは、鯖の糠漬けのこと。沿岸の漁師町を中心に、保存食として古くから作られてきた伝統料理です。中でも越廼漁協がつくる千日鯖(せんにちさば)のへしこは絶品。越廼沖で3年育った小ぶりで身がしまり脂が乗った若い鯖。水揚げ後、すぐに調理するため鮮度が抜群です。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/9放送更新

小ぶりで煮崩れしない 上庄里芋

ONAIR 予告

大野市上庄地区の「上庄里芋」は、全国区の人気を誇るブランド里芋です。
美味しさの秘密は、寒暖の差、豊かな土壌、美味しい水にあります。
小ぶりながら身が締まり、煮込んでも荷崩れしないのが特徴で、地元の伝統的な料理は「煮っころがし」。水は使わず、醤油とみりんで甘辛く煮込んだシンプルな料理は、しっかりとした味と歯ごたえがあり、里芋の旨みをしっかり味わえ、箸が進みます。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/10放送更新

自然が生み出すスイーツ!?とみつ金時

ONAIR 予告

「とみつ金時」は、福井県あわら市の富津(とみつ)地区で栽培される さつまいも。 丘陵地にあるこの地は、土壌がやや赤土を含む砂地で水はけが良く、海からの強い風が 吹くところ。甘みが強く、適度な水分が詰まり、一流シェフやパティシエも認める美味 しさです。ほくほくと甘い味わい、しっとりとした食感、口の中でなめらかにとろける 心地良さは、自然のスイーツといえます。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/11放送更新

福井の食卓には欠かせない 油揚げ

ONAIR 予告

福井県の食を語る上で欠かせない食材のひとつ「油揚げ」。それも分厚くてこんがり香ば しい厚揚げは、味噌汁、煮物はもちろん、炒め物、ステーキ、炊き込みご飯など様々な 調理法で毎日の食卓を彩ります。福井は浄土真宗の信仰があつい仏教王国。信徒たちの 最大の催事である秋の「報恩講」の昼食には、必ず油揚げ料理が添えられました。
この他にもお祝いの席などでも使われていたのがいつしか一般家庭にも広がりました。
福井人には欠かせない定番料理です。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
愛知CBC CBC ラジオ

東海地方旬の食材

11/7放送更新

フグ(知多半島沖・伊勢湾)

レポーター:桐生順子アナウンサー
ONAIR 予告

フグと言えば下関が有名ですが、実は知多半島沖や渥美半島沖はトラフグが非常に獲れる地域なんです。そのフグの地元ならではのオススメ料理を紹介しました。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/8放送更新

お米-あいちのかおり(愛知県内)

レポーター:原田裕見子アナウンサー
ONAIR 予告

愛知が誇るブランド米「あいちのかおり」の開発秘話や、オススメ料理を紹介しました。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/9放送更新

いちじく(安城)

レポーター:小倉理恵アナウンサー
ONAIR 予告

愛知を代表する果物「いちじく」栽培の歴史、栄養、保存方法、また簡単レシピを紹介しました。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/10放送更新

ぎんなん(稲沢市-旧祖父江町)

レポーター:桐生順子アナウンサー
ONAIR 予告

稲沢市祖父江町を中心につくられている「ぎんなん」。なぜ祖父江町が日本一の生産地なのか、またレンジをつかった簡単レシピを紹介しました。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/11放送更新

牡蠣(三重県浦村町)

レポーター:大橋麻美子アナウンサー
ONAIR 予告

三重県は海のミルク養殖牡蠣の一大生産地です。なぜ牡蠣の養殖が盛んなのか、また牡蠣の簡単調理法を紹介しました。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
静岡SBS 静岡放送

静岡の旬の食材を美味しく愛でる一週間

レポーター:柳澤亜弓アナウンサー

11/7放送予告

遠州灘天然とらふぐ

ONAIR 予告

冬の味覚の代表といえば・・・そう、とらふぐです!
全国屈指の「ふぐどころ」である遠州灘。
その漁に密着しました!!

今回、番組に出演して頂いた渡邊俊了さんの漁船・俊栄丸は、 俊了さんの祖父から3代に渡り、受け継がれている大切な相棒。
取材の帰港するとすぐに船内をピカピカに掃除し、 翌朝のトラフグ漁に備えている姿が印象的でした。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/8放送予告

冬にピッタリ!「しぞ~かおでん」

ONAIR 予告

世代を超えて食べ続けられている「しぞ~かおでん」。
長年にわたってお店と味を守り続けている女将さんの想いと 静岡市民に愛されているほっと温まるストーリーをお伝えします。

ぜひ静岡にお越しの際は、駄菓子屋や 横丁で静岡おでんを味わってください。
古き良き時代を感じながら、おでんで一杯。
静岡市民のトレンドは今も昔も「おでん」です。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/9放送予告

三島甘藷

ONAIR 予告

静岡県三島市で育ったサツマイモ「三島甘藷」。そのおいしさの秘密や、三島甘藷を通した地域のつながりについてお伝えします。

三島甘藷の特徴はその甘さ。糖度はイチゴやメロンなどの 果物に匹敵するほどです。
市内のお店でスイーツを味わうのも良し、 この時期ピッタリの焼き芋にするのも良し。
お好きな食べ方でその甘さを感じてみてください。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/10放送予告

富士山麓で育ったブランド豚「ルイビ豚」

ONAIR 予告

世界6大原種の豚を飼育し、養豚業界の世界的権威である
桑原康さんが開発したブランド豚”ルイビ豚”。
開発秘話や静岡ならではのおいしい食べ方を紹介します。

ルイビ豚の生みの親である桑原康さんが 代表理事を務める富士農場サービスは、 これまでに「農林水産大臣賞」を6度受賞。
2002年に行われた品評会では、
17万頭以上の豚のうち最高級ランクの「極上」に認定された314頭のなかの、 305頭が100%富士農場サービスの血統という成績を収めています。

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/11放送予告

天竜川の恵み「磐田のエビイモ」

ONAIR 予告

生産量日本一の「磐田のエビイモ」をご存知ですか?
割烹料理店などで高級食材として用いられることの多い エビイモ、その味の魅力をお伝えします。

天竜川の綺麗な水と質の良い土が生み出すエビイモ。
職人が手間隙かけて育てたエビイモは、そのまろやかさが特徴です。
これからの時期がまさに旬。
コロッケも冷凍物はインターネットで買うことができます。
ぜひチェックしてみてくださいね!

▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
岐阜GBS 岐阜放送

ぎふの秋を味わう1週間

レポーター:西尾未来子アナウンサー

11/7放送更新

岐阜を代表するお米「ハツシモ」

ONAIR 予告

主に岐阜県美濃地方の岐阜地域・西濃地域でのみ作られているため、全国的にも流通量が少なく「幻の米」とも呼ばれる「ハツシモ」をご紹介します。
初霜が降りる頃まで、大切に育てられるお米「ハツシモ」。実は、国内で見ると流通量が少なく“幻のお米”なんです。
大粒で、さっぱりして、歯ごたえもあり、冷めてもおいしく、料理の味を邪魔しないという特徴があります。
丼(どんぶり)のご飯にぴったりだったり、お寿司屋さんに好んで使われているそうです。
美味しいお米の炊き方のコツは、お米を精米して一週間以内に食べきることだそうですよ。

JAぎふ ハツシモのページ
https://www.jagifu.or.jp/agriculture/detail_41.html
▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/8放送更新

岐阜県発祥のブランド柿「富有柿」

ONAIR 予告

秋の味覚・甘柿を代表し、柿の王様とも称される「富有柿」は、岐阜県が発祥の地とされています。
今、まさに収穫真っ盛りの「富有柿」について、柿名人にお話を伺います。

地元では知らない人がいないという柿名人・加藤泰一さんの柿園にお邪魔してお話を伺いました。
地域の柿がおいしくなるように、さまざまな努力を重ねた加藤さんは、2011年に黄綬褒章を受賞。名実ともに「柿の匠」と呼ばれるようになった今も、培った柿栽培の技術を積極的に広めておられます。
加藤さんの柿園で一足早くいただいた岐阜の新ブランド「天下富舞(てんかふぶ)」は、2個入りが32万4千円(税込)の高値で販売されたことでも話題になりました。
今回取材した「富有柿」は、11月現在、出荷の最盛期です。

岐阜柿「天下富舞」の新聞記事
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20161029/201610290953_28322.shtml
▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/9放送更新

奥美濃・南飛騨の郷土料理「鶏ちゃん」

ONAIR 予告

「鶏ちゃん(ケイチャン)」とは 奥美濃・南飛騨にかけて親しまれている鶏肉を使った郷土料理です。
温泉で有名な下呂(げろ)へ取材にいきました。

近年、認知度が高まってきた岐阜県奥美濃・南飛騨の郷土料理「鶏ちゃん」。観光で訪れる方からも、「鶏ちゃん」について尋ねられることが増えてきたそうです。
番組の中では、「鶏ちゃん」の普及活動をされている団体 「鶏ちゃん合衆国」の方にお話しを伺ったり、「鶏ちゃん」の本場・下呂の町で、観光客がよく足を運ぶ「居酒屋 金扇」のご主人にインタビューしました。
「ケイチャン」の正しいアクセント、音声でチェックしてみてくださいね。

鶏ちゃん合衆国
http://keichan-us.com/
下呂温泉 居酒屋 金扇
http://www.gero-izakaya.com/newpage5.html
▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/10放送更新

東濃の秋の味覚「栗」

ONAIR 予告

東濃の秋の味覚といえば「栗」そして「栗きんとん」。
「栗きんとん」発祥の地・中津川で、東濃の「栗」について取材しました。

古くから栗の栽培がさかんな中津川は、「栗きんとん」で有名です。中津川駅前のにぎわい特産館の取材では、栗きんとんに隠れた人気のお菓子「栗粉餅(くりこもち)」を教えていただきました。
市内で栗園を営む市川さんへの取材の中では、地元の方でもなかなか食べられない「栗きんとんのおこげ」、栗の渋皮と鬼皮がぽろっと剥ける「丹沢(たんざわ)」「ぽろたん」をいただきましたよ。 「ぽろたん」は、おうちでレンジで簡単に焼き栗が楽しめるそうですよ。

にぎわい特産館
http://n-kanko.jp/omiyage/
▼放送の一部を音声でお聞き頂けます
11/11放送更新

岐阜のブランド牛「飛騨牛」

ONAIR 予告

岐阜県の主に飛騨地方で肥育される黒毛和牛のブランド「飛騨牛」。
生産者の方と、まちのお肉屋さんにお話を伺いました。

「飛騨牛」の生産者の方に「飛騨牛」の定義、生産の苦労など伺いました。生き物なので、ストレスがかからないように、大切に大切に育てていらっしゃるそうです。
また、岐阜市内で古くから精肉店を営む「富士屋精肉店」のご主人に 、おいしい飛騨牛の食べ方、焼き方についてお話を伺いました。美味しい焼き方のコツは、フライパンを熱々にして、ジューッと大きな音がするくらいが目安だそうですよ。

富士屋精肉
http://fujiyaseiniku.com/
▼放送の一部を音声でお聞き頂けます

日本各地の「食文化」を堪能する一週間

パナソニックJコンセプト 歌のない歌謡曲特別企画Jコンセプトスペシャルウィーク
11月7日(月)〜11日(金)

全国各地の特産物や工芸品など歌なしアナが番組内でご紹介!

Jコンセプトスペシャルウィーク
PAGETOP